リライトツールやリライト記事は本当にSEO効果はないのか?

どうも。

西村です!

検索エンジンに好かれるようなコンテンツの作成に
関してこんなことがいわれていますね。

「オリジナルコンテンツを作れ!」

「リライトはダメだ!」

「コピペなんて絶対にダメだ!」

などなど。いろいろなブログを読んでいると口をそろえて
こーいうことが書かれています。

確かにGoogle大先生もオリジナルティの高いコンテンツを
作ることを推奨していますが、そもそも、オリジナルって?

そんなわけで、本日はリライトはダメなのか?リライトでも
良いのか?そんなお話をしたいと思います。

ハッキリ言おう。リライトは今でも通用する!

多くのブロガーはただGoogleのアドバイスをそのまま書いて
いるだけで自分ではなんも検証すらしていないでしょう。

なぜなら、多少なりともリライトコンテンツを作り続けて
いる人ならわかると思いますが普通に上位表示できてしまいます。

これはリライトで作ったダイエットの特化型サイトです。
比較的、難易度の高いキーワードでたくさん上位表示できてしまってますw
なので。。。

そんな都市伝説は信じないでください!

しかも、2014年から運営していますが一度も手動ペナルティ、
自動ペナルティを受けたことすらありません。

いくつもサイトを運営してしっかりとデータをとっていますが、
リライトが効かないなんてことはあり得ないと思っています。

完全なオリジナルコンテンツを作るのは難しい。

まず、ここに気が付かないといけないのです。

オリジナルコンテンツというのは、どーいうものか?

例えば、だれでも知っているおとぎ話。

『桃太郎』『金太郎』『浦島太郎』これらすべてオリジナル
コンテンツなのか?

というと、僕からしたら微妙です。
結局、どれも鬼退治だし、ストーリーもかなり似ています。

芸術品だって何かの作品をパクッてそこから自分のオリジナルを
出していくというのが普通なので完全なオリジナルなんて作り上げる
こと自体ほぼ無理だと思いませんか?

もちろん、自分で体験したことを写真を使って面白く解説する
ガチのメディアはGoogleに評価されやすいでしょうが、
全員がそんなことをやるのは無理なんです。

なので、全然リライトはやってもいいです。
むしろ、表に出たくないのであれば高度なリライトを行い、
検索エンジンの上位表示を狙うべきでしょう。

そもそもGoogleって何でサイトを評価しいる?

何か、オリジナリティのあるサイトじゃないとだめだとか言いますが、
何でサイトを評価しているかご存知でしょうか?

コンテンツに関してはHTML、CSS、テキストなどです。
特に文字量が多いと細かいキーワードが引っかかりやすいので、
必然的に評価されやすい仕組みになります。

あとは、滞在時間、PV、SNSの拡散、リンクなどですかね。

そう考えると同じ内容でもコンテンツやキーワードの組み合わせ
次第でいくらでもオリジナルコンテンツが作れるわけです。
つまり、リライトで十分!

リライト記事を手動で作る場合のコツ

リライトでウェブコンテンツを作る場合いくつか気を遣う部分が
あります。

1.複数の記事をリライト元とする
2.自分の見解を書く
3.ターゲットを明確にする

この辺を意識していればクオリティの高いリライト記事は完成
しやすくなります。

1.複数の記事をリライト元とする

これは、パクリ疑惑を避けるために使うのです。
ものすごい質の高い記事を書いているブログがあったとしても、
同じブログばかりをリライト元としているとすぐにバレます。

バレても戦うという人はそれでもいいと思いますが個人的には
面倒くさくなると思いますんで。。。

なので、複数のサイトを拝見して共通しているものだけを抜粋して
リライトを行うとか。

あとは、A記事からは見出し1を引っ張ってリライト。
B記事からは見出し2を引っ張ってリライトなど。

色々なサイトのパーツを組み合わせてリライトを行うことです。

そして、もう一つは
ネットだけではなく雑誌や書籍などをリライトしていくというやり方です。

ネットにはない情報なので検索エンジンには強くなるということ。
これは意外とやっている人がいませんのでお勧めですよ。

2.自分の見解を書く

これは手動でリライトを行うならぜひやってほしいです。

アフィリエイト、アドセンスなども検索エンジン云々ではなく、
その人の人間味が伝わるようなコンテンツのほうが読み応えが
ありますし、面白いわけです。

それに、これだけでもコンテンツを増やすことができるという
のも狙いです。

文字ボリュームが多ければ先ほどの話の通り検索からのアクセスも
増えますからSEO効果アップに繋がるのです。

まあ、トレンドアフィリエイトなんかでもよく自分の見解を書いて
いる人がいますがそーいうことです。

3.ターゲットを明確にする

要は、目標地点を定めないでコンテンツを作成したところでよい
文章というのは作れないのです。

そのため、一番最初にキーワード選定を行います。

1.そのキーワードはどんな人が検索するのか?
2.どういう人が悩みを持っているのか?
3.解決策はどうすれば?
4.年齢性別対象は?

などを考えて記事を書いていけばリライトコンテンツでも他人と
十分差別化することはできますし、価値あるコンテンツを提供
するこも可能なのです。

この辺ができていれば人の記事を使って文章を改変しただけでも
検索エンジンに好かれるサイトになります。

リライトツールで記事を作る場合

文章がどうしても苦手だ。。。

という人は手打ちでリライトコンテンツを執筆するのも
少し難しいかもしれませんね。

これも慣れで、写経をしてみたり、人のブログを読んでみたり、
習慣化することでできるようにはなります。

しかし、すぐにはできない。。。

ので、そーいう場合はリライトツールを使ってコンテンツを作成
してみるのも一つです。

それに、アフィリエイトで大きく稼ぎたいならば一つのサイトを
一生懸命作りこむ!

のもなしではありませんが、同時に複数のサイトを作りこんでいく
ほうがアフィリエイトもうまくいきやすいです。

これは、数学的な確率で考えれば絶対にそうですよね。

イチローだって3割バッターです。

10個作って3個当たればよいという感覚でリライトツールを
使ってサイトの構築に励むのでもよいでしょう。

また、ライティングが慣れている人であればメインのサイトだけは、
自分で書いて、ほかのサイトはリライトツールを回すのもありでしょう。

リライトツールってなんでもいいんですか?

リライトツールでサイトを作るならどんなものでも良いというわけでは
ありません。

なぜならばリライトツールの大半は、

ゴミ製造機だから。。。

せっかくリライトを行ったつもりでも全然リライトがうまくできて
いなかったり、完成してもとても人が読めるものではなかったりするのです。

なので、リライトツールというのは良いものを選ぶ必要があります。

ちなみに、僕もアフィリエイトやアドセンスを行っていますが、
すべてのサイトを自分一人で書き続けることはできませんのでリライトツール
を使用しています。

そのリライトツールは言葉をガンガン登録することができるので
ナチュラルな人間が書いた記事のようになりやすいのです。

例えば、言葉さえ登録しておけば、

「ネット副業」=「アフィリエイト」「アドセンス」「転売」「ネットで稼ぐ方法」「インターネット金儲け」

など。いくらでも人が書いたような文章に変換できるのです。
冗談抜きで近い将来ライターが必要なくなるかもれません。。。

そんな、便利なリライトツールについてこちらで書いてみましたので、
よかったら参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓

人工知能搭載!?ハイクオリティな記事を量産するリライトツールの全貌。

ネットビジネスを最短で成功させたいあなたへ。

 

「何もしなくても稼げます!」
「ワンクリックするだけで100万円!」
「ゲームをするだけで月収300万円!」

 

など。

 

最近は無料オファーのキャッチコピーの過激化が酷すぎます(汗)
ぶっちゃけこんなことに踊らされているようではいつまでたっても、
10年たっても稼げるようにはなりません。

 

では、どうすれば稼げるようになるのか?

簡単です!

 

1.正しい手法を学ぶ
2.一定期間徹底的にやる
3.試行錯誤を繰り返す

 

これだけです。
学校の教材を勉強すればそこそこいい点が取れたはずです。

 

それは正しい情報。テストに出題される情報を知っていたからです。

 

それと同じでネットで稼ぐ本当の情報を知ればそんなに
難しいことはないのです。

 

稼ぐのうえで必要なことならここで全部お話ししてます。

⇒ THE Freedom Academy

ネットで稼ぎたいけどマジでどうすればいいかわからない
という人は一度メールください。

⇒ 西村への質問・相談

 

■ フォームに情報を入力するだけで稼げる裏技! 

■ エステで美女に脱毛してもらい尚且つ一万円もらった裏話 

■ リスクなしで1000倍以上のハイレバレッジを使って稼ぐ方法! 

■ 自分の好きなことだけ書いてお金を儲ける方法 

■ 無料コンサルティング 

■内容
・音声ファイル35分
・無制限メール相談

また、定期的にブログ記事の更新をしましたら
メルマガでお伝えします。

メルマガ内で様々な限定企画などもご用意して
おりますので是非ご登録くださいね。

特典の詳細はこちらへ

※メルマガはいつでも解除できます。また、メルマガ配信以外では利用いたしませんのでご安心くださいませ<(_ _)>


*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す